武蔵国・前玉神社 埼玉県名発祥の古社
武蔵国・前玉神社 埼玉県名発祥の古社 案内図
 
 
 
浅間神社
 
 
 
さきたま火祭り
  【浅間神社の由来】 
  浅間神社は近世初頭、忍城中にあった浅間神社を勧請し、古墳上にある社を「上の宮」、中腹にある社を「下の宮」と呼んで、浅間さまの名で親しまれるようになりました。
 また、当社には富士浅間信仰が盛んになってから、富士の行者が己の命の終わるとき、当所にのみ雪を降らすと言い残し、その予言通り6月1日亡くなった日に雪が降り、これを奇異とした忍城主下総守氏長が、この地に浅間神社を祀ったという一説もあります。

【御祭神】
 浅間神社の御祭神は木花(桜だけを指すという説もある)の様に美しいとされる木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメ)です。子育て・安産・産業の神様として関東一円に崇敬されています。
 中でも当歳児から三歳児の額に朱印を押し、富士山の御利益をいただき、子供の無事成長を祈る「初山」は有名で、県内にとどまらず関東圏外からも参拝に訪れています。

【さきたま火祭りのヒロイン】
 毎年5月、さきたま古墳公園にて、さきたま火祭りが開催されています。古事記によれば、木花開耶姫命は疑いを晴らすため「神の御子であるならば、たとえ火の中でも無事に生まれるでしょう」と産屋に火を放ち、その中で無事に出産したとあります。
 さきたま火祭りは、それに倣い、神話に描かれている火中出産の伝えを受け、富士霊峰で火の神として祀られている木花開耶姫命をヒロインとしています。
 観る人を古代のロマンと神話の世界に誘うお祭りです。

   

 

 
 
 境内には明治時代に、埼玉地区の神社を合祀した明治神社があります。合祀神は16柱もあります。

 

   境内には学問の神様である菅原道真公を祀る天神社があります。受験シーズンになると合格祈願に訪れる方が多くなります。

 

   境内には商売繁盛の神様である恵比須様も祀っています。

 

前玉【幸魂】神社(さきたまじんじゃ) sakitama-jinja.com
埼玉県行田市大字埼玉字宮前5450 TEL.048−559−0464
Copyright (C) 2008 SAKITAMA JINJA. All Rights Reserved.