武蔵国・前玉神社 埼玉県名発祥の古社
武蔵国・前玉神社 埼玉県名発祥の古社 案内図
 
 
 
  前玉神社はその昔、「幸魂神社」と書きました。
魂が幸せになる神社として、人と人の縁(えん・えにし)、特に男女の縁である恋愛成就や夫婦円満は幸せな人生を送るために最も大切なこととして、遠い昔からずっと、人々に祈願されていたのです。

また、前玉神社に祀られている神様は
前玉比売神(サキタマヒメノカミ)と
前玉日子神(サキタマヒコノカミ)。
姫と彦、つまり、女神と男神が一緒に祀られていることからも恋愛成就や夫婦円満、縁結びを祈願される方が多くなりました。

男女の良縁は幸せな人生を導きます。

前玉神社では
恋愛成就特別祈祷や、
恋愛成就祈願のお守りの供授も
行っております。
 
 
 
  境内社である浅間神社の神様は木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメ)。
神様の中でも特に美しいと言われる女神様です。

日向の高千穂に降臨したホノニニギはコノハナサクヤヒメに出会い、一目で恋に落ち結婚しました。コノハナサクヤヒメは、ホノニニギは一夜を共にし身籠もります。一や限りの契りで孕んだことで違う男の子ではないかと疑います。

彼女はその疑いを晴らすために、産屋を作って出入り口を塞ぎ、炎を放ってその中で出産をし、ホノニニギの子であることを証明しました。

子供が生まれてからは、夫婦仲良く、幸せに暮らしていったと言い伝えられています。
(古事記より)

現代においても、夫婦の間では、疑念や勘違いなどから心がすれ違ってしまうことがあります。
そんなとき、前玉神社や浅間神社へ夫婦円満へ御祈願においでください。

また、結婚をした時、子供が生まれた時などの御祈祷も承ります。

 
前玉【幸魂】神社(さきたまじんじゃ) sakitama-jinja.com
埼玉県行田市大字埼玉字宮前5450 TEL.048−559−0464
Copyright (C) 2008 SAKITAMA JINJA. All Rights Reserved.