埼玉県名発祥の古社【埼玉県行田市大字埼玉字宮前5450】

前玉神社の御由緒

  • HOME »
  • 前玉神社の御由緒

埼玉神社の御由緒前玉神社は「延喜式」(927年)に載る古社で、幸魂(さいわいのみたま)神社ともいいます。700年代の古代において当神社よりつけられた【前玉郡】は後に【埼玉郡】へと漢字が変化し、現在の埼玉県へとつながります。前玉神社は、埼玉県名の発祥となった神社であると言われています。
武蔵国前玉郡(むさしのくにさきたまのこおり)は、726年(神亀3年)正倉院文書戸籍帳に見える地名だと言われており、1978(昭和53)年に解読された稲荷山古墳出土の鉄剣の銘文から、471年には大和朝廷の支配する東国領域が、北武蔵国に及んでいたのは確実であると言われています。
北武蔵国の地元豪族が眠ると思われるさきたま古墳群の真上に建てられています。

前玉神社とは
前玉神社の歴史
前玉神社の御祭神
万葉灯籠とは

お気軽にお問い合わせください。 TEL 048 - 559 - 0464 受付時間 9:00 - 18:00

PAGETOP